あなたにおすすめのセフレ募集サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたのセックス相手探しにGood!

セフレ探しコスパ最強の方法

チンコの大きさに興味をそそられるスケベ女
セフレは欲しいけど具体的にどんな方法があるのか分からない人もいるでしょう。
その方法を大きく分けると2つあります。
1つは周りにいるリアルな女性との関係、もう1つはネットを介した女性との関係です。

このサイトでは真面目なあなた向けに、安全にセフレ探しの方法をお教えします。

セフレとは?恋人とセフレの線引き?作り方?

セフレと恋人の境界線というと、各個人の考えもあり一概に「これが正解」とは言えません。
ここでは、最近の事情などをはさみながら説明していきましょう。

セフレとは?

セフレとは、セックスフレンドの略でセックス(性交)を楽しむことを目的に交際している男女の関係を指します。
これからセックスを始めようとする男女がベッドの上で下着姿
もちろん、セックスは行うが、夫婦や恋人のような関係ではなく「友達」と定義されるのが一般的です。
これを、分かりやすく言えば、恋愛感情を持たないでセックスの相性や趣味、趣向だけでつながっている関係とも言えるでしょう。

最近のセフレ事情

晩婚の時代と言われている現在、セフレが居るというのが男女問わず珍しいことではなくなってきています。
このことは、男性にとっては、「デキる男」のステータスの一面があり、周りの男友達から羨ましいと思われたりしています。

また、女性の場合も盛んに社会進出する人が増えたことによる晩婚化が進み、積極的に体だけの関係を男性に求める肉食系女子などと揶揄されるような女性が現れるようになりました。
そのため、未婚女性はもちろんですが、既婚女性の中にも男性のセフレを求める時代になってきました。
これを良い方に捉えれば以前に比べれば簡単に、相手を作ることができてしまうということです。

リアルな出会いでセフレ探し

合コンや職場、街でのナンパなどで以前から知っていた、或いは知り合ったリアルな女性を直接口説いてセフレにする昔からあった方法です。

ネットを介してのセフレ探し

出会い系サイト、SNS、オンラインゲーム(ネトゲ)などで知り合った面識のない女性をネット上で口説くという、現代のネット社会ならではの方法です。

費用対効果抜群!セフレ探しは出会い系サイトの利用が、時間もお金も有利

寝そべってスマホを操作する女性がエッチな妄想
前述でセフレ探しの手法について説明しましたが、ここでは、それぞれの特徴を見ていきながら、どの手法がコスパ的に優れているか説明していきましょう。

リアルセフレ探しの特徴や注意点

合コンで口説く

お互いの異性のタイプが一致した場合であれば、その日のうちに1回目のセックスはいけるでしょう。
しかし、ここでちょっと考えておかなければならないことがあります。
女友達同士が数人集まるガールズトークの内容のほとんどは、恋愛話や友達に紹介した男の話です。
つまり、合コンで知り合った女性をセフレにした場合は後日、本人は言わなくても出席した女友達同士の話しの中で確実にネタにされます。
こう考えると、2人の関係が噂として広がることは避けられません。
そのことで嫌な思いをすることもあるかもしれません。

職場の女の子を口説く

職場の女の子であれば、気心も知れているので口説きやすい一面はあるでしょう。
ここで大事なことは地味な女性を狙うことです。
優しくしてあげれば、どんなセックスプレイもしてくれるでしょう。
しかし、ここでも女性発の噂話に気をつけなければなりません。
職場という場所柄、誰かが必ず見ていると思って下さい。
かなり、気まずくなることは間違いありません。

街でのナンパで口説く

原始的でシンプルではありますが、昔から使われている王道的手法です。
この手法はメンタルが結構強い人向きで、成功するには数をこなすことが求められます。
成功すれば、そのままホテルも珍しいことではありません。
いわゆる「下手な鉄砲も数打てば当たる」の精神ですが、相当数の女性に断られたり、無視されたりする覚悟は必要です。

ネットでのセフレ探し特徴、注意点

出会い系サイトでセフレ探し

最近の傾向として、相手を探すのに1番利用されているのが出会い系サイトであると言えます。
面識のない女性で、同じ目的の集まりですから手間がかからないのが特徴です。
そして、大手の老舗と呼ばれている出会い系サイトを使えば、セキュリティー面もしっかりしているので安全です。

SNSやネトゲでセフレ探し

SNSやネトゲと出会い系サイトにいる女性の違いは目的です。
そのために、SNSやネトゲで会えたとしても、そこからセフレまで持っていくには相当な手間がかかりますし、しつこくすると、運営者から排除されることもあります。

セフレ探しにおいての出会い系サイトの優位性

こうして見ていくと、セフレを探すのはやはり、出会い系という専門性から出会い系サイトを利用するのが、安全で、楽な方法のようです。
大手出会い系サイトは、男性は有料ですが、登録時に無料お試しポイントが1000円程度ついてきます。
それを、上手く使えばお金を払わすにセフレを作ることも可能です。

そして、大手サイトの場合1ポイントがおおむね10円に設定してあり、5ポイント程度でメールの送信ができるので、大変リーズナブルと言えます。
またポイント購入も最低1000円からで、お財布への負担を極力抑えながら利用することができます。
前払いのため使い過ぎて、あとから高額な料金を請求される心配もありません。

セフレ探しの方法をいろいろと見てきましたが、安全に手間なく探したいなら、出会い系サイトがコスパ面で最強と言えます。
しかし、女性を口説くことを楽しんでいる男性もいるので、どの方法を選ぶかそれぞれ見解が分かれるところですが、特別なこだわりがないのであれば、出会い系サイトの利用をおすすめします。

出会いアプリもセフレ探しに有効!AppleやGoogleの厳しい審査にパス=安心感で女性の利用率高し

最近、出会いアプリが若い女性の間で絶大な人気を集めています。
そのため、男性からもセフレ探しに有効なツールとして注目されています。
ここでは、アプリの選び方や利用している女性層などについて説明します。

安心、安全なアプリの選び方

人気の出会いアプリ
まず、セフレ探しをするためには、アプリをスマホにダウンロードしてインストールする必要があります。
これを、どこで行えばいいのか分からない人もいるでしょう。
ここでは、アプリの入手方法や選び方を説明しましょう。

やはり、大手出会い系のものは、本家WEB版の使いやすさや安全性において、利用者から高く評価されており、アプリに対しても安心感があります。
しかも、iPhone用のAppストアやAndroid用のGoogle Playなどの公式ストアの、厳しい審査にパスした「お墨付き」を得ています。
ただし、厳しい審査にパスしたということで、セフレ探しが目的の場合の唯一の不満はWEB版のようなアダルト色が一掃されていることです。

なぜアダルトカテゴリーがないのか?

前述での公式ストアでは審査に通らないものや、通過後でも不適切と判断された場合は、リジェクト(公開中止)されることになります。
これは、アプリの健全化を目的としていて、機械的な審査と公式ストア側のスタッフによる審査が導入されています。

一般的なリジェクト理由をまとめてみましょう。
スマホアプリのイメージ

コンテンツポリシー違反

露骨な性表現を含むコンテンツはNG

規約違反の広告

広告もアプリの一部とみなされるため、アダルト要素を含む広告などがある場合はNG

不適切な評価やレビュー

レビューに対するインセンティブがあるなどの場合はNG

これらは審査の一部ですが、合格するためには、アダルト的なコンテンツがあれば門前払いになるわけです。
しかし、出会い系を敬遠していた女性たちを、呼び込むことに成功したのは確かなことです。

アプリにはどんな女性が多いのか?

アプリを利用している女性は10代から50代くらいまで、いろいろな年代がいますが、その中心は、スマホを使い慣れた10代、20代の若い世代で、この年代が利用者の大半を占めています。
これは、男性にとってはノリのいい若い女性にアプローチしやすい環境と言えるでしょう。

ただし、アプリ自体にアダルト色がないために、「セフレ探し」というアプローチの仕方はやらない方がいいでしょう。
あくまでも、行儀良くアプローチすることで会える確率が上がるでしょう。

出会い系WEB版 vs アプリ版、セフレ探しはどちらが有利?

人それぞれ性格が違うように、WEB版とアプリ版にも特徴があります。
ここでは、それぞれの特徴を説明していきますので、選ぶときの参考にして下さい。

大手出会い系WEB版とアプリ版比較

PCMAX

PCMAX
10年以上運営実績のある日本最大級の出会い系・PCMAX では、アプリとWEB版が連動しています。
機能はほぼ同じですがWEB版だけの機能として、日記と伝言板があります。
日記にはコメント機能があり、コメントを書くことで、コミュニケーションを取りやすくなります。
他にもアダルトコンテンツが使えるのは魅力です。
アプリ版ではアダルトコンテンツはありませんが、女性へのアプローチが取りやすいことでは、WEB版を上回っています。

ワクワクメール

ワクワクメール
アプリの機能には、WEB版にはあるアダルト掲示板、日記、伝言板、ボイスチャットやゲームがなく、「検索」・「掲示板」・「つぶやき」のみに制限されています。
しかし、シンプルな分、使い勝手がよくなっています。
WEB版ではピュア掲示板とアダルト掲示板があり、当日OKの女性を探しやすくなっています。
写メコンや大人の出会いを楽しみたいならWEB版をおすすめします。

自分の得手不得手を考えてWEBか?アプリか?考えよう

ここで、WEB版、アプリ版の特徴を、分かりやすくまとめてみましょう。

WEB版の特徴

アダルトコンテンツがあるので、目的をセフレ探しに限定した場合は、目的が同じ女性ならば、アプローチしてからセフレ関係に発展するまでが時間をかけずにすみます。
すごくスケベな女が求めている
しかし、アダルトコンテンツの場合は、男慣れしている女性が多いので、事務的になってしまい、おもしろみに欠けます。
ここは、初心者のセフレ探しの登竜門と考えた方が良さそうです。

アプリ版の特徴

セフレ探し限定で考えた場合は、アダルトコンテンツがない分、ノンアダルトな掲示板や検索機能でアプローチをかけることになります。
出会いアプリを使う女性
そのため、恋人ではなくセフレということになると、じっくりと時間をかけて探す必要があります。
しかし、今までWEB版を敬遠していた女性や、スマホ慣れしている若い女性が多いので、「女性を口説く」行為が好きな男性には良いかもしれません。

WEB版とアプリ版はどちらが有利か?というお題で説明してきましたが、結局のところ、一概にどちらが有利とは言えません。
自分の好み、性格、目的で選ぶのが良いのでしょうが、両方試してみるのも1つの方法です。

効率よくセフレを探すターゲット絞り込みのコツ

どんな女性ならセフレになってくれるのか?考えていても仕方ありません。
「行動あるのみ」と言いたいところですが、ターゲットを絞って計画的に動かなければ、時間とお金をムダにすることになります。

時間とお金を節約してセフレ探し

セフレを探すには、掲示板からアプローチするのが良いのですが、時間とお金を節約するためには、アダルト掲示板を利用することが最善策と言えます。
ここに書き込みをしている女性は同じ目的ですから最小限のメールのやり取りで会えることもあります。

さらに「すぐ会いたい」的な絞り込みが可能なサイトならば、当日に会えることも難しいことではありません。

こんな女性はいかが?ターゲットの選定方法

性癖に特徴があるスケベな女
1度試してほしいのが、自己陶酔型の女性にアプローチすることです。
可愛い子率は意外と高いのでセフレとしても楽しめます。
プロフィールから簡単に見分けることができます。
たとえば、ポエムや過去の失恋、などを長々と書き込んでいる女性。

彼女たちへのアプローチはそれほど難しいことではありません。
コツは、男性からの同意と共感です。
これによって、女性は同意してくれた男性に親近感を持ちます。
「それはつらかったね」「ぼくもそう思うよ」そんな台詞を並べてみましょう。
どんなときでも、忘れてはならないのは女性を思いやる心です。

アダルトNGの場合、セフレ候補を見つけるために考えたいこと

ここでは、女性が何のために出会いアプリを利用しているか考えてみましょう。
これを調べてみると、友達、恋人、セフレ、目的はいろいろありますが、1番多いのが暇つぶしやなんとなく、なんですね。

このことから分かるように、女性の目的はメールやチャット機能などで、コミュニケーションを楽しむことのようです。
じゃあセフレ探しは無理なのか?と言えば、そうではありません。
相手に「会ってみたい」と思わせることは可能です。

そこで、狙ってみたいのが、あまり男性に人気のない女の子です。
男性とコミュニケーションを取りたいのに、会話が続かないような子がいいかもしれません。
会話が途切れたときに、男性から会話を提供するような優しさを見せてあげましょう。
このような女の子はセックスに意外とハマりやすい傾向にあります。

最後に、アプリ版などの、アダルト機能が使えない場合に考えたいのは、相手に不快感を与えるような下ネタなどは控えることです。
下手をすると、パトロールに通報されてペナルティーを受けることにもつながります。

セフレ探しで女性の好感度が上がるプロフィールの書き方とは?

出会い系ツールでセフレ探しをするなら全てのことにコツがあると言えます。
その中でもプロフィールを書く作業は、最も大事なことの1つです。
これは、ビジネスマンの名刺と同じくらい重要なものです。
ここでは、女性に見てもらえるプロフィールの書き方を説明しましょう。

返信率を高めるプロフの作り方

ここで大事なのが、自分をよく見せることです。
セフレ探しでは、女性にウケるプロフィールを書く必要があるのです。
これこそが返信率を高めることになり、「セフレのいる男」として同性から羨ましがられることにつながります。
ハンサムすぎるプロフの写真

そもそも女性はプロフィール写真などのイメージから入ることが多く、爽やかなプロフィールを好みます。
写真については、間違っても他人の写真を使うことはやめて下さい。
自信がなくても、自分の写真を使うのは最低限のルールです。
たとえば、サングラスをかけてみるとか、カメラを引いて上半身を入れるなどの工夫をしましょう。
ただし、アバターが使える場合はその限りではありません。

他には、ハンドルネームも格好良く読みやすいものが良いでしょう。
趣味ならアウトドアなどワイルドさを見せるのもいいでしょう。
自己紹介は「よろしくお願いします」だけという雑なものはNGです。

プロフの書き方例

ここで、自己紹介の例文を挙げておきましょう。

いい出会いを求めて登録してみました。
初めてのことなので少し緊張していますが、よろしくお願いします。
ぼくは一緒にいて癒される女性が良いなぁと思っています。
ここで、素敵な女性と出会えたら嬉しいです。

アウトドアが好きで休日は、友達とバーベキューやドライブ、スポーツなどを楽しんでいます。
良かったらご一緒にいかがですか?

ぼくはプロフに書いてある年齢よりも若く見られることが多いと思います。
それは、身体を鍛えているせいかもしれません。
お望みならば、メールアドレスやLINEなど連絡先を交換してから、お見せすることもできますよ(笑)

これは、プロフィールの自由コメント欄の例文です。
恋人募集的な感じがすると思いますが、セフレ探しでも有効です。
あまり、下ネタを入れるとサクラやキャッシュバッカーなど、悪意のある女性に狙われるようです。
アクティブに動き回る印象を与えることで、女性も「会いたい」という気になるでしょう。

セフレ探しで女性の返信率がグッと上がるアプローチメールの書き方とは?

セフレ探しに限らず出会い系ツールで出会いを求める場合、前述のプロフィール同様、アプローチメール(ファーストメール)は大変重要になります。
ここでは、女性の書き込みに対する男性の例文を示して返信率アップのコツを説明しましょう。

書き込みとアプローチメールの例文

未婚OLの場合

こういうサイトを使うのは初めてなので緊張しています。

都内の会社でOLをしています。

彼氏が長い間いないので、「このままじゃダメだ」と思い書き込んでみました。

でも、恋人探しをしているわけではありません。

ちょっとドキドキが味わいたくて…。

こんな私に興味を持ってくれる優しい人からの連絡をお待ちしています。

私もサイト初心者です。
たまたまサイトでAさんの書き込みを目にしました。

慣れていないもの同士で上手くいくかなと思って、メッセージを入れてみました。

ここ最近ずっと仕事に疲れて、ドキドキを味わえていません。

できればAさんと一緒にドキドキしたいなって思っています。

周りからは、優しいとよく言われます。
よろしくお願いします。

このアプローチメール(ファーストメール)では、女性の書き込みをよく見ていることを、さりげなくアピールしています。
そして、お互いに慣れていないことを書くことで、遊び慣れていない男として、女性に安心感を持ってもらうこともできます。

大事なことは、上から目線での文章にならないことです。
そして、フレンドリーさを盛りこむことを忘れないで下さい。
こうしたツボを押さえたアプローチメールを書くことで、返信率は上がります。

人妻の場合

**在住の普通の主婦です。

秘密の交際のお相手して頂ける人を探しています(*^o^*)
色んな人と遊ぶのは怖いので、できれば継続的にお会いできる関係が理想です。

主人とのセックスレスも長いので、我慢するのも限界です。
できたら、今週中にお相手してもらいたいな。

たまたまサイトを覗いたらCさんの書き込みを見ました。

私もCさんと同じ既婚者ですが、同じようにセックスレスで我慢の限界に達している状況です。

もし良かったら、楽しくて気持ち良く安心して会える仲になりませんか?
比較的時間の都合はつく方なので、Cさんの都合のいい時間や都合のいい場所でお会いできると思います。

よろしくお願いします。

相手が人妻の場合は、安心してもらうことが大事です。
相手によっては、多少の嘘も仕方ありません。
これは、相手を傷つけず気持ち良くなってもらうための嘘で、許される範囲なら不倫などからお互いを守るためにも必要なことです。

気をつけたいのは、人妻の日中の限られた時間を有意義に過ごしてもらうためにも、都合は極力合わせてあげましょう。
その優しさがセフレ関係へとつながります。

返信をもらうためにできることを説明しましたが、男性に忘れてほしくないのは、女性は書き込みさえすれば、入れ食い状態だということです。
そのため、女性から男性にアプローチしなくても女性には大量のメールが届きます。
女性はそのメールから1つ2つをピックアップすることになります。
だからこそ心を込めたメールを送るべきです。
掲示板に書き込みあったら即レスするくらいの意気込みで、手間を惜しんではいけません。

わずか3秒!SEXかNGか?印象を良くするコツ3つ

印象の悪い男
アプローチを成功させ、実際に会ったのは良いけれど、NGを突き付けられることもあるかもしれません。
そうならないために自分でできる「印象を良くする」方法を紹介しましょう。

人は3つの要素から初対面の人の印象を決めている

ある調査で「3つの要素から初対面の人の印象を決めてしまう」というデータがあります。
このことから印象を良くするコツ3つを、説明しましょう。

【コツ1】視覚(見た目) 55%

見た目にコンプレックスがある人は、服装や身だしなみで十分カバーできます。
清潔感のある髪型や、自分に似合う色を服に取り入れて良い印象を与えましょう。
そして、微笑むことも大事です。
これが、苦手な人は鏡の前で練習してください。

 

【コツ2】聴覚(声) 38%

 
暗い、こもった、何を言っているか分からない、このような喋り方はNGです。

よく喋る人は明るいトーン、物静かな人は優しいトーンなど、その性格や外見からくるイメージに合った喋り方をするように、心掛けましょう。
しかし、喋り過ぎもNGです。

 

【コツ3】言葉(話す内容) 7%

 
相手が女性ですから、「聞く」と「話す」の割合を考えましょう。
最初は「聞く」態度に重点をおくと良いでしょう。

心理学に見る第1印象の大事さ

  • アンカリング効果
    人は、1番初めに目にした数字に影響を受ける。
  • ハロー効果
    1番初めに知った特徴や受けた印象にひっぱられて、他のことにもゆがんだ評価をする。
  • 初頭効果
    人は、1番初めに受けた印象がなかなか変わらず、記憶に残りやすい。

上記のように、学問上でも第1印象がいかに大事なものか分かります。
1回限りかもしれない出会いでは、見た目や初期の発言は重要です。
身だしなみ、言動、体臭、仕草、動作などが印象に大きく関わってきます。
(参考:統計上9割の女子を引き寄せる恋愛心理学

第1印象が初対面の男女にどれだけの影響を及ぼすのか分かったと思います。
失敗しないためにも、自分で改善できることはあります。
あきらめる前に1度試してみるといいでしょう。
意識して直すことが、女性に好かれセフレへとつながります。